光触媒について

公開日:2022/07/15

世界中の社会常識を一変させた新型コロナウィルスの感染拡大を背景に、さまざまな場面で“衛生管理への危機意識”が求められるようになりました。私たちの日常には消毒や換気が欠かせない存在となりましたが、アフターコロナの視点も踏まえて光触媒への関心が高まっています。では、光触媒とは一体どのようなものでしょうか。

光触媒とは?

衛生管理の現場などで頻繁に耳にするようになった光触媒ですが、そもそもどんな技術なのでしょうか。結論からいうと、光触媒とはコーティング剤の一種です。主成分は二酸化チタンで構成されており、光が当たることで優れた抗菌の効果を発揮します。そのため、太陽光や室内灯にも反応できるため、万能なコーティング剤として期待されているのです。

現在新型コロナウィルスによるパンデミックを踏まえて、さまざまなシーンで除菌やコーティングのサービスが拡大していますが、薬剤を定期的に散布する除菌サービスとは異なり、コーティングは安全性の高さも踏まえて人気があります。

また、二酸化チタンは光の影響により酸化還元反応という特殊な反応を引き起こし、空気の浄化も実施します。私たちの生活から100%除菌を完成させることは難しいですが、室内環境を安定させ人体への影響がない光触媒の技術はまさに革新的といってよいでしょう。

では、光触媒の優れた技術によるコーティングは、どのような場面に応用されているのでしょうか。

ビルメンテナンスに

従来のビルの清掃に光触媒のコーティングを加える事案も増加しています。光触媒はコーティングの一種とはいえ、酸化還元反応により防臭の効果も期待できます。人の出入りが多く、防臭効果を高めたい場所にもおすすめです。

公共施設に

衛生管理意識の向上が求められている公共施設へも光触媒によるコーティングが多く実施されています。不特定多数の方が利用するフロアや踊り場、温泉施設の出入り口や喫煙所などにも利用されており、防汚対策としても導入されています。

自宅に

今まで衛生管理は自分で、と考えていたご家庭でも、パンデミックの影響によりワンランク上の除菌方法を探している方が増加しているのです。光触媒の効果はもちろんご自宅にも利用できるので、導入する方が増加しています。

光触媒を使用するメリット

では、実際に光触媒を使用する場合にはどのようなメリットがあるでしょうか。下記3つのメリットを紹介します。

有害物質を除去できる

光触媒はホルムアルデヒドをはじめとする有害な物質を除去できるとされています。室内に発生してしまう有害な物質を分解することで、クリーンな空間を保つことが可能です。あくまでも分解であり、強力な消毒剤を撒く方法とは異なります。

優れた防カビの効果

光触媒によるコーティングは銀イオンと呼ばれる成分も含んでいます。優れた抗菌効果があるため、なんと防カビの効果もあることが判明しているのです。抗菌剤だけでは対応できなかった菌に関しても分解する能力があるため、大腸菌等の厄介な菌に関しても除去が可能です。

また、においに関しても優れた効果があるので、発生してしまった菌によるにおいに関しても防ぐ効果があります。

長期間効果を維持できる

光触媒によるコーティングは、アルコールによる除去などと比べると長期間効果を維持できます。

アルコールによる除菌は効果が高いものの、効果の持続性は短いため繰り返し除去を行う必要があるのです。しかし、光触媒は使用するタイプによって持続性は違いますが、いずれも安定して効果を持続できることがメリットです。

色んな製品に活用できる

除菌効果が期待できる成分には色んなものがありますが、製品によっては使用できない対象物もあります。一方の光触媒によるコーティングは、手摺などのオーソドックスな対象物から精密機械にまで使用できます。工場内にも使用できるため衛生的な空間づくりをアシストできるのです。

光触媒を使用するデメリット

メリットが大変大きい光触媒によるコーティングですが、実施の際にはデメリットはあるのでしょうか。光触媒に関するデメリットは以下のとおりです

そのほかのコーティングより費用が高め

光触媒によるコーティングは一般的な消毒液による除菌よりも費用が高めに設定されています。これは光触媒の高い技術に支払う対価であり、やむを得ない費用です。

しかし、低コストで除菌を終えたいと考えている場合には、光触媒はデメリットといえるでしょう。ただし、効果の持続は数年単位といわれており、長期的なランニングコストの視点では安いといえます。

コーティング前に清掃が必要

光触媒の優れた効果を活かすためには、事前にコーティング箇所をキレイに掃除をしておく必要があります。光による酸化還元反応を起こすためには、コーティング箇所が不衛生な場合は実力が発揮されにくいのです。

光沢のあるものなどはコーティングできない

光による反応を活かした光触媒コーティングですが、その分ラメなど光沢の加工がしてある製品や場所に対してはコーティングができないとされています。透明な場所にも難しいため、わずかですが対応できない製品があることを知っておきましょう。

まとめ

この記事では光触媒のコーティングに関して詳しく解説しました。今話題の優れた抗菌作用への関心は深まったでしょうか。まだまだウイルスの存在が気になる今、オフィスや日常生活に優れた科学技術である光触媒を導入してみましょう。

おすすめ光触媒フランチャイズ加盟店ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名光触媒LIFEキノシールドキャンディルナノゾーンコートバーンリペア
特徴優れた可視光応答型の光触媒コーティングが提供できる優れた抗ウィルス・抗菌・防臭効果を発揮太陽光だけではなく蛍光灯やLED照明にも効果を発揮ドローンを使用し従来の施行時間を大幅にカット特許技術を用いるだけではなく定期的なメンテナンスを実施
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
おすすめの光触媒フランチャイズ加盟店ランキング!
記事一覧