フランチャイズオーナーに向いている人と向いていない人の違いとは?

公開日:2022/06/01

昨今の働き方改革により、さまざまな働き方が浸透しています。会社員から独立してフリーランスや個人事業主になる場合や会社経営者になる場合もあるでしょう。また、フランチャイズオーナーという選択肢もあります。そこで、フランチャイズオーナーに向いている人と向いていない人の特徴を紹介します。

フランチャイズオーナーに向いている人の特徴

フランチャイズオーナーになるにははじめにまとまったお金が必要です。フランチャイズの種類や加盟店ルールによって金額は異なるものの、最低でも100万円以上必要になるケースが一般的です。

また、ビジネスの種類によっては初期費用として1,000万円以上必要になる場合もあり、ある程度の資金力がなければフランチャイズオーナーになれません。したがって、フランチャイズオーナーに向いている人は初期費用として300万円以上用意できる人といえるでしょう。

そのほか、経営ノウハウを備えている人も向いているといえるでしょう。いくらフランチャイズオーナーだからといって、経営者には変わりません。経営ノウハウをもとに、できるだけ売り上げを伸ばしていく必要があります。

さらに、従業員を雇用する場合は従業員に対する研修などを行う必要があるので、指導力が求められるでしょう。また、これまでに事業経験がある人はフランチャイズオーナーとして成功しやすいといえます。資金フローに知見があったり、集客に自信があったりなど、なんらかの経営ノウハウがある人は成功する確率が高いといえるでしょう。

フランチャイズオーナーに向いていない人の特徴

一方、フランチャイズオーナーに向いていない人はすぐに利益を求める人です。フランチャイズに限らず、ビジネスというのはすぐに利益に結びつかない場合がほとんどです。とくにフランチャイズの場合は初期費用が高額なので、はじめの頃は赤字が続く可能性も少なくありません。

長い間時間をかけて売り上げを伸ばしていき、経営を軌道に乗せることで利益を安定的に得られるようになるのです。したがって、すぐに利益を求める人はフランチャイズオーナーに向いていないでしょう。

また、フランチャイズというのはあくまでも本部の経営方針に従わなければなりません。つまり、本部のやり方をそのまま引き継ぐ必要があり、自己流で経営することは基本的にはできません

本部の看板やブランド名を背負っている以上、自分のやり方を押し通すことはできず、本部の経営方針に同調する必要があります。逆をいえば、自己流でビジネスをしたい人はフランチャイズオーナーに向いていないのです。

フランチャイズオーナーになるまでの手順

フランチャイズオーナーになるまでの手順は意外とシンプルです。まずは、フランチャイズオーナーを募集している企業に問い合わせを行います。そして、担当者と面談して契約内容などを確認します。

たとえば、初期費用がいくら必要なのか、ロイヤリティをどれだけ支払わなければならないのかなどをしっかりと確認しましょう。さらに、サポート制度やサービス提供方法についても詳しく確認しておくことをおすすめします。そして、全体的な確認が終わり、契約に問題なければ申し込み手続きを進めます。

ただ、申し込みをすれば契約できるというわけではありません。本部での所定の審査にクリアしなければ、フランチャイズオーナーになれないのです。審査基準については企業によって差はあるものの、基本的な基準は同じです。たとえば、資金力があるかどうかは厳しくチェックされます。

せっかくフランチャイズ契約を結んだのに、すぐに資金不足で閉業してしまっては本部も損をしてしまいます。そのため、資金力についてはとくに厳しくみられるでしょう。また、信用情報をみられる可能性もあります。過去に債務整理していなかなどを確認され、問題があれば審査に通らない場合もあるでしょう。

そして、無事審査に通ったら合意手続きを行い、フランチャイズ経営が開始となります。業種によって方法は異なるものの、基本的には仕入れの仕方や集客方法、さらにサービス提供方法などの研修を受けるのが一般的です。

もしくは、マニュアルが共有されるので、マニュアルをもとに事業を展開します。フランチャイズの場合は本部からの手厚いサポートがあるのが一般的なので、業界未経験であってもスムーズに仕事を始めることが可能です。

 

働き方改革によって、会社員を辞めて独立するケースが増えてきています。さらに、自分で一からビジネスをスタートするのではなく、フランチャイズオーナーという形で経営する方法もあるでしょう。とくに最近はフランチャイズオーナーが注目を集めており、さまざまな業界でフランチャイズシステムが採用されています。

フランチャイズの場合は一から独立するよりも、スムーズに経営を進められるメリットがあります。というのも、ブランド名やサービス名をそのまま使用できるので集客しやすいのです。さらに、仕入れ先やサービス提供方法についても独自のマニュアルや研修を通してレクチャーしてもらえるので、業界未経験で始められるのが特徴です。

おすすめ光触媒フランチャイズ加盟店ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名光触媒LIFEキノシールドキャンディルナノゾーンコートバーンリペア
特徴優れた可視光応答型の光触媒コーティングが提供できる優れた抗ウィルス・抗菌・防臭効果を発揮太陽光だけではなく蛍光灯やLED照明にも効果を発揮ドローンを使用し従来の施行時間を大幅にカット特許技術を用いるだけではなく定期的なメンテナンスを実施
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
おすすめの光触媒フランチャイズ加盟店ランキング!
記事一覧