光触媒コーティングの持続期間はどれくらい?室内と屋外でどう違う?

公開日:2022/10/15

光触媒コーティングの持続期間

さまざまなウイルスを消毒するために光触媒コーティングの導入を検討しようと考えている人は、今回の記事を参考にしてください。こちらの魅力として、持続期間が長いこと、床、家具、ドアノブなどにも塗布可能であること、屋外施工もできることなどが挙げられます。室内と屋外の違いも見ていきましょう。

光触媒コーティングの持続期間は?

さまざまなウイルスを消毒できる光触媒コーティングを紹介します。効果の持続期間が長いので、費用対効果が高いといえるでしょう。

押さえておきたい効果の持続期間

有害物質を排除して、屋内のクリーンな環境を維持できるメリットがありますが、押さえておきたいのは効果の持続期間です。

塗布したコーティング剤が剥がれない限り効果が持続することが分かっているのですが、一般的に15~20年は効果が持続するといわれています。長い期間効果が期待できるものとなっています。

施工する業者によって変化する効果の持続期間

コーティング剤の配合成分は業者によって異なります。そのため、一般的に15~20年は効果が持続するといわれていますが、使用するコーティング剤により前後するでしょう。

また、施工する環境の影響も受けます。同じ室内でもまったく同じ条件ではないので、多少効果の持続期間が異なるのは仕方がありません。

以上のことから、あくまで効果の持続期間は目安として捉えるようにし、実際に施工してもらった後に業者に質問してみるとよいでしょう。

ランニングコストと手間を削減できるメリット

15~20年の長い期間効果が持続するのは、光触媒コーティングの魅力といえるでしょう。空気清浄機を室内の広さや部屋数に応じて用意したり、年数が経過して空気清浄機を買い替えたりするコストや手間を考えると、光触媒コーティングをおすすめできます。

また、空気清浄機を購入しなくても、アルコール消毒液などを使用して、自分で消毒作業を行う方法もあります。こちらは面倒ですし、消毒効果が完璧ではないのが特徴です。空気清浄機を購入するよりもコストは抑えられますが、手間がものすごくかかります。

部屋が広い場合や部屋数が多い場合は、消毒作業だけで数十分~1時間程度の時間を割くことも珍しくないでしょう。

その間、自分がやりたいことができなくなります。そして手作業の消毒作業のデメリットは、完璧に消毒できるわけではないということです。

空気清浄機は目に見えない埃やダニの死骸などを吸い取ってくれますが、手作業の消毒作業は、目に見えないものを消毒するので完璧に除菌できません。それを日々繰り返すのであれば、光触媒コーティングを導入するほうがよいでしょう。

光触媒の室内施工の場合の耐用年数

耐用年数が、市販の除菌スプレーなどと比較すると長いのが特徴として挙げられます。

また、床、家具、ドアノブなども塗布できるので、手作業の消毒作業では難しい場所も消毒が可能です。そして、普段手で触れる場所も完璧に消毒できるので安心感が違います。

光触媒が含まれている壁紙の耐用年数

壁紙の劣化を防ぐことができれば、耐用年数は6年といわれています。戸建て住宅で光触媒が含まれている壁紙を採用している場合は、定期的な張替が推奨されています。張替目安は10年といわれているので、効果を持続させるためにも忘れずに張替してください。

光触媒コーティングの耐用年数

光触媒を噴霧するコーティングをした場合の耐用年数は、3~4年と一般的にはいわれています。予想に反して持続期間が短いと思う人がいるかもしれません。

しかし、市販されている商品と比較すると、その違いは明らかです。市販されている抗菌スプレーの効果の持続期間は、一般的に1週間程度です。また、効果が長く続くといわれている商品でも3か月程度なので、3~4年の耐用年数はとても長いことが分かります。

光触媒コーティングのメリット

床、家具、ドアノブなども塗布できる魅力があります。普段手で触れる場所は重点的に消毒したいものです。

これを定期的に行うのは面倒で完璧な消毒効果は期待できないので、光触媒コーティングを検討してみましょう。床に塗布できるので、まだ歩けない赤ちゃんの健康面もサポートしています。

光触媒の屋外施工の場合の耐用年数

塗料のなかでももっとも価格が高いのが特徴です。しかし、耐用年数はほかの塗料よりも長いので、コストパフォーマンスはよいといえます。

目安の耐用年数

光触媒コーティングの耐用年数の目安は、16~22年といわれています。もっとも価格が高い塗料として外壁塗装で使用されています。

しかし、耐用年数の長さがほかの塗料の倍近くあるので、22年に一度の塗装で済むと考えるとほかの塗料と差があまりありません。ただし、耐用年数はあくまで目安なので、建物の立地や気候により変動します。

特徴

セルフクリーニング機能があります。汚れが外壁に付きにくいだけではなく、汚れを分解して落とせます。これにより、建物の外観の綺麗さを保てるだけではなく、建物をよい状態で保存できるので、破損やひび割れなどを防ぐ効果も期待できます。

まとめ

自宅や職場で家族や職場の同僚などが幸せに健やかに過ごすために、光触媒コーティングの導入を検討してみてください。コストはかかりますが、持続期間が長くて完璧に消毒できるのが魅力です。

また、仕事や家事などで忙しい人にもおすすめできます。毎日の消毒作業で貴重な時間を奪われることがありません。詳細はインターネットなどで調べてみてください。

おすすめ光触媒フランチャイズ加盟店ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名光触媒LIFEキノシールドキャンディルナノゾーンコートバーンリペア
特徴優れた可視光応答型の光触媒コーティングが提供できる優れた抗ウィルス・抗菌・防臭効果を発揮太陽光だけではなく蛍光灯やLED照明にも効果を発揮ドローンを使用し従来の施行時間を大幅にカット特許技術を用いるだけではなく定期的なメンテナンスを実施
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
おすすめの光触媒フランチャイズ加盟店ランキング!
記事一覧