フランチャイズ開業後によくある失敗とは?対策を事前に考えよう!

公開日:2022/06/15

個人で起業・独立するよりも、事業を軌道に乗せやすいことが魅力のフランチャイズ開業ですが、必ずしも全員が成功するとは限りません。成功率が高いフランチャイズであっても、あらゆる場面に失敗のリスクが潜んでいます。そこで、本記事ではフランチャイズ開業後における主な失敗事例と共に、失敗を防ぐ対策法についてもご紹介します。

フランチャイズ開業後によくある失敗

フランチャイズ開業後、一体どのような失敗をしてしまうことが多いのでしょうか。まずは代表的な失敗例について見ていきましょう。

資金不足による廃業

フランチャイズにおける代表的な失敗例の1つは資金不足です。その主な理由としては開業資金やランニングコストの見積もりの甘さなどが挙げられます。資金不足に陥ってしまった場合、毎月本部に支払うロイヤリティやスタッフの人件費などが支払えず、店舗を運営していくことが困難となってしまうため、最悪の場合には廃業に追い込まれてしまうでしょう。

契約内容の見落としによるトラブル

契約条件・内容の見落としによって、開業後にトラブルとなって失敗してしまうケースも非常に多いです。トラブルの発生を未然に防ぐためにも、契約書の記載内容は隅々まで確認し、納得のいかない点や不明な点があった際には、必ず本部の担当者あるいは専門家に相談することが大切です。

オーナーの実力不足

オーナーの実力不足によって、店舗の売上が伸び悩んでしまうこともあります。オーナーとして店舗の運営を行っていくためには、経営能力はもちろん、スタッフを束ねる人材マネジメント能力などあらゆるスキルが求められます。

フランチャイズでは、未経験から新たに業界・業種に参入する方や経営経験のないオーナーの方も多いため、実力不足によって思うように店舗運営を行っていくことが難しいといったケースも考えられるでしょう。

こんな人はフランチャイズ事業に失敗しやすい!

フランチャイズはその独特のビジネススタイルから、人によって向き・不向きがあります。そのため、優秀な方であってもフランチャイズ事業では失敗してしまうといったケースも珍しくありません。ここでは、フランチャイズにおいて失敗しやすい人の特徴や性格についてご紹介します。

自由に運営を行いたい人

フランチャイズでは、本部のブランド力やノウハウを活用できる一方で、ブランドイメージを崩さないために本部の決定した方針やルールを遵守する傾向が強いです。そのため、人によっては店舗運営の自由度が低く、不自由に感じてしまうかもしれません。

店舗運営においてある程度の積極性は必要ですが、それ以上に自分の工夫や発想をどんどん店舗に反映させたいと考えている方の場合、意見の相違によって本部や担当者と衝突してしまう可能性が考えられます。

本部に頼りすぎてしまう人

フランチャイズ加盟店となることで、本部からノウハウの提供や経営指導など、あらゆる支援を受けることができます。しかし、それらを活用してビジネスを成功へと導けるかはオーナーの能力次第です。

そのため、店舗運営や売上アップの施策を本部に頼り切ってしまうと、経営を軌道に乗せることは非常に難しいでしょう。店舗運営を行うのはオーナー自身であるということを自覚し、本部からのサポートを最大限有効活用して積極的に事業に取り組んでいくことが大切です。

フランチャイズ開業後の失敗を防ぐためには?

上記の失敗事例を踏まえ、フランチャイズ開業後の失敗を防ぐためにはどのようにすればよいのでしょうか。最後に、失敗を事前に回避する対策法についてご紹介します。

しっかりと資金計画を立てる

フランチャイズにおける失敗の多くは、資金不足に陥ってしまうことです。開業後に資金が足りずに運営維持が困難になってしまう前に、開業前にしっかりと資金計画を立てておくことが大切です。

自己資金のみで開業・運営資金をまかなうのが難しいという場合には、金融機関から融資を受ける・借り入れをするなどして余裕を持って資金調達をしておきましょう。

また、フランチャイズ本部だけでなく、融資・借り入れ先についても複数の選択肢の中からしっかりと比較検討することが非常に重要です。また、国や地方自治体などが用意している補助金・助成金を活用して資金を調達するといった方法もおすすめです。

入念に情報収集・リサーチを行う

フランチャイズ開業での失敗を回避し、経営を軌道に乗せるためには業界や市場などの入念な情報収集・リサーチも欠かせません。競合他社のリサーチや店舗周辺地域の特性、今後想定されるリスク、売上予測など、運営において必要となるあらゆる情報を徹底的に洗い出すことにより、課題や問題に対して早急に対策を講じることが可能です。

 

この記事では、フランチャイズ開業後における代表的な失敗事例、フランチャイズ事業で失敗しやすい人の特徴、失敗を回避するための対策法について一挙にご紹介しました。フランチャイズ開業後における代表的な失敗については、開業前の準備不足や資金計画などの見積もりの甘さによるものが多いです。これからフランチャイズ開業を検討しているという方は、ぜひ今回ご紹介した内容を参考に、経営を成功に導けるよう入念に準備を進めてみてください!

おすすめ光触媒フランチャイズ加盟店ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名光触媒LIFEキノシールドキャンディルナノゾーンコートバーンリペア
特徴優れた可視光応答型の光触媒コーティングが提供できる優れた抗ウィルス・抗菌・防臭効果を発揮太陽光だけではなく蛍光灯やLED照明にも効果を発揮ドローンを使用し従来の施行時間を大幅にカット特許技術を用いるだけではなく定期的なメンテナンスを実施
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
おすすめの光触媒フランチャイズ加盟店ランキング!
記事一覧