フランチャイズでの飲食店経営は簡単?内容や注意点を解説!

公開日:2024/01/15

?

フランチャイズに加盟して飲食店を経営したいけれど、続けられるか不安とお悩みではありませんか。そこで本記事ではそんなお悩みを払拭すべく、フランチャイズでの飲食店経営の内容や注意点について解説します。この記事を最後までお読みいただければ、あなたのフランチャイズ加盟による飲食店経営に対する不安は劇的に改善することでしょう。

飲食店のフランチャイズ経営

フランチャイズに加盟して飲食店経営することで、本部の看板を使った営業が可能になり大幅に広告宣伝費が抑えられます。

ここでは、飲食店のフランチャイズ経営について解説します。

フランチャイズに加盟した飲食店経営

自分だけで飲食店経営を成功させるためには、商品開発力やブランド、立地選定や店舗デザイン、広告宣伝や人材育成など、さまざまな要素が必要です。

一方でフランチャイズに加盟して飲食店経営するとどのようなメリットが得られるのでしょうか。以下はフランチャイズに加盟した飲食店経営のメリットの一例です。

飲食店経験ゼロでもオーナーになれる

フランチャイズ加盟の大きなメリットは、飲食店経験がなくてもオーナーになれることです。自分のみで飲食店を始める場合、飲食店の業務経験や経営知識が必要ですが、フランチャイズに加盟した場合には業務や経営のサポートが受けられます。また、仕入れ・接客・集客などのノウハウが提供されることも大きなメリットです。

広告宣伝を本部がおこなってくれる

フランチャイズに加盟すれば、集客のための広告宣伝は本部がおこなってくれます。テレビCMやWeb広告など大規模で宣伝してくれるため、店舗の知名度アップに繋がり、集客力の向上が期待できます。

ブランド力を活用できる

本部のブランド力を活用できることもフランチャイズ加盟の大きなメリットです。強いネームバリューを持つフランチャイズに加盟すれば、開業初日から充分な集客を得ることも可能です。

売上の向上に専念できる

1人で始めた飲食店であれば、商品開発や広告宣伝、接客マニュアル作成や人材育成など、オーナーが店舗まわりのすべてを同時進行でおこなわなければなりません。しかし、フランチャイズに加盟すれば、本部のマニュアルに沿って運営すればよく、売上を維持し向上させることに専念できます。

金融機関からの融資が受けやすい

自分1人で独立開業して飲食店を始めようとしても、実績がなく信用されづらいため金融機関かしかしら融資を受けることは困難です。ですが、フランチャイズに加盟して開業する事業計画であれば、条件が似ている加盟店の実績を考慮して融資が受けられる可能性が高まります。

フランチャイズ経営のポイント

フランチャイズ経営で運営するのであれば、初期費用を早期に回収し、かつ毎月のロイヤリティ支払いがあっても十分な利益が出るよう継続的に営業する必要があります。

そこでここでは、資金計画を中心としたフランチャイズ経営を長く続けるポイントについて解説します。

詳細な資金計画を作成する

フランチャイズで飲食店を長く続けるためには、詳細で長期的な視点を持った資金計画を作成することが必須になります。

1日・1週間・1ヵ月単位それぞれで詳細な資金計画を立てなければなりません。途中で計画通りにいかないようであれば、すぐに修正する柔軟性も必要です。

資金計画に不安があれば本部に相談する

資金計画の段階で不安や疑問点があれば、何度も本部に相談し、その知識を共有するとよいでしょう。

本部の豊富な知識と経験、ノウハウが早期の問題解決に繋がります。また、万が一、経営方針に不満があれば、しっかり伝え解決しておくことも重要です。

金融機関から資金と調達する

飲食店を開業するにあたり、開業資金の用意が難しいのであれば、金融機関からの融資を検討しましょう。

フランチャイズ加盟による開業は比較的融資が受けやすいため、すぐに資金ショートするような資金計画で無理に回そうとせず、積極的に日本政策金融公庫や民間金融機関に相談しましょう。

フランチャイズ経営の注意点

無事にフランチャイズ加盟を活用して飲食店を開業しても、開業後に不安になる出来事も多々あることでしょう。

そこでここでは、フランチャイズ経営を継続していくうえでの注意点について解説します。

運営計画を見直し柔軟に行動する

一度決めた計画はそのまま遂行することだけが正解とは限りません。

仕入れ値や商品の価格設定、従業員教育などに無理がないか都度見直しを図ることが重要です。どこかに無理がかかり計画どおりに進んでいないのであれば、柔軟に計画変更をおこなう必要があります。

また、運営の立場から店舗を見るばかりではなく、ときには現場に立ってみるのもよい方法です。直接に顧客や従業員の意見を聞くようにして、店舗の現状を把握できる姿勢が重要です。

早期に本部に相談するかも

日頃から本部に相談する癖をつけることも大切です。

フランチャイズに加盟し営業を開始すると、日々の業務に忙殺され本部への連絡がおろそかになる場合があります。

しかし、小さな問題や不安であっても早めに本部に相談することで、豊富な経験から的確なアドバイスが受けられます。1人で問題をかかえず、膨大な知識と経験を持つ本部に相談することにより思わぬ解決策が得られる場合があります。

まとめ

今回はフランチャイズでの飲食店経営における内容や注意点について解説しました。飲食店のフランチャイズ経営は、経験ゼロからオーナーになれたり、広告宣伝を本部がおこなってくれたり、ブランド力を活用できたりと、さまざまなメリットが期待できます。またフランチャイズ経営のポイントとしては、詳細な資金計画、こまめな本部への相談、必要に応じた金融機関からの資金調達などがあり、柔軟に行動する必要があります。さらに、フランチャイズ経営の注意点として重要なことは、柔軟な運営計画の見直しです。

 

おすすめ光触媒フランチャイズ加盟店ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名光触媒LIFEキノシールドキャンディルナノゾーンコートバーンリペア
特徴優れた可視光応答型の光触媒コーティングが提供できる優れた抗ウィルス・抗菌・防臭効果を発揮太陽光だけではなく蛍光灯やLED照明にも効果を発揮ドローンを使用し従来の施行時間を大幅にカット特許技術を用いるだけではなく定期的なメンテナンスを実施
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
おすすめの光触媒フランチャイズ加盟店ランキング!
フランチャイズ関連コラム