フランチャイズとは?具体的な仕組みについて詳しく解説!

公開日:2022/05/15

飲食店やサービス業など、事業を始めるにはフランチャイズに加盟するという選択肢があります。よく耳にするフランチャイズという言葉ですが、本当はその意味をよく知らない、仕組みまでは分からないという人も多いのではないでしょうか。フランチャイズとはどのような仕組みなのか、メリットやデメリットについても解説していきます。

フランチャイズとは?

フランチャイズとは、本部と加盟者によって成り立つビジネスシステムです。本部(フランチャイザー)が加盟者(フランチャイジー)に対し、経営者になるための運営マニュアル・ノウハウや、商品、サービスを提供し、加盟者はその対価を支払います。対価とはロイヤリティと呼ばれ、売り上げに対し一定の割合で支払うことが多いのですが、場合によっては定額で支払う場合もあります。

また、加盟者は経営のノウハウを得られるだけでなく、本部のブランド名や看板を使用する権利も得ることができ、本部と加盟者双方にメリットのあるシステムです。

直営店とは違うフランチャイズ

同じ商品、同じサービスを提供する加盟店と直営店、利用する側ならこの2つは同じブランドの店舗に見えるでしょう。企業が同じブランドの店舗をどんどん広げていく経営形態は「チェーン展開」と呼ばれ、直営店もフランチャイズもチェーン店なのですが、次のような違いがあります。

・直営店…企業が自社の商品・サービスを直接販売する店舗で、レギュラーチェーンとも呼ばれます。チェーン運営する企業が自社で店舗を開業するので、開業資金も企業の負担となります。また、直営店の責任者は本部の企業に雇用されているため、「店長」と呼ばれることが多いです。

・フランチャイズ…本部のノウハウや商品を使って店舗の経営をするフランチャイズは、開業するための自己資金が必要で、加盟金や保証金も支払います。開業した後もロイヤリティを継続して支払う必要があり、フランチャイズの経営者は店長ではなく「オーナー」と呼ばれます。企業に雇用されているわけではない、独立した経営者だということです。

フランチャイズのメリット・デメリット

フランチャイズに加盟することのメリット、そしてデメリットについても見ていきましょう。

フランチャイズのメリット

第一に、すでに知られている企業のブランド力を利用できるということです。新しく事業を始める際には、その地域で店舗名を知ってもらうことが成功へのカギとなります。

チェーン展開しているフランチャイズ加盟店なら、知名度があるため開業した日からある程度の集客が見込めますが、個人が新規で開業するなら集客は容易ではないでしょう。名前を知っているという安心感があるフランチャイズなら、地域の人を新規でもリピーターでも獲得しやすいはずです。

また、フランチャイズなら必要なものが用意されているので未経験でも開業しやすく、開業した後も本部からアドバイスをもらうことができるので、安心して事業の運営に専念できるでしょう。

フランチャイズのデメリット

フランチャイズは本部に対しロイヤリティの支払いが必要、これは契約時に了承しているはずなのですが、開業後の経営状態によっては深刻なデメリットになるでしょう。ロイヤリティをどのくらい支払うのか、それは本部によって算出方法や割合などが異なるのですが、利益が少なくても払い続ける義務があり、支払いは発生してしまいます。

また、運営には本部が定めたマニュアルがあり、それに従わなければならないので、独自のキャンペーンの実施やオリジナルメニューの提供などができません。

経営を続けるうちに業績が悪くなったときは、店舗の移転なども考えたくなりますが、フランチャイズ加盟店の場合は不可能です。業績の悪化や自身の都合で事業をやめようとしても、途中解約であるなら解約金が必要になる可能性もあるでしょう。

フランチャイズで独立・開業するまでの大まかな流れ

フランチャイズで独立・開業するまではどのような流れなのか、大まかに説明します。

1.フランチャイズについて知識を得る

フランチャイズをなんとなく理解している、それだけでは不充分です。仕組みや特徴だけでなく、メリットとデメリットについてもしっかり知識をつけましょう。フランチャイズには、大きく分けて飲食業やサービス業、小売業のカテゴリーがあります。自分に向いている、合っている業種はどのようなものなのか、判断するためにフランチャイズの業種や業態について勉強してみましょう。

2.フランチャイズ本部を比較・検討してみる

自分の条件に合うフランチャイズ、理想を実現できそうなフランチャイズ本部を探してみましょう。複数のフランチャイズを比較・検討し、気になるフランチャイズを絞ることができたら、その本部に問い合わせ担当者に直接質問してみます。

3.加盟するフランチャイズ本部を決定する

複数検討した上で、これだと思うフランチャイズが決まったら加盟契約を行います。契約の前に開業する店舗を決める場合も多いので、自分が納得できる地域や物件で開業するようにしてください。契約は本部に従い手続きを行いましょう。

4.開業準備

開業に向け、備品の準備や人材の採用などを進めていきます。開業前に本部で研修が行われ、運営オペレーションや接客について学びます。

5.開業

開業までの準備がすべて終わり、いよいよ開業です。フランチャイズチェーンということで、開業した日から多数の来店が期待できるでしょう。

 

フランチャイズに加盟し開業することで、多くのメリットがあり未経験者でも開業当初から集客が期待できるでしょう。しかし、メリットだけでなくデメリットもあるので、加盟するフランチャイズ本部を決定する際は慎重に行うことが大切です。本部の理念・方針に納得できるのか、信頼できる本部なのか、サポート体制はしっかりしているのかなど、後悔しないためにしっかりと把握し考えてから決定するようにしてください。

おすすめ光触媒フランチャイズ加盟店ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名光触媒LIFEキノシールドキャンディルナノゾーンコートバーンリペア
特徴優れた可視光応答型の光触媒コーティングが提供できる優れた抗ウィルス・抗菌・防臭効果を発揮太陽光だけではなく蛍光灯やLED照明にも効果を発揮ドローンを使用し従来の施行時間を大幅にカット特許技術を用いるだけではなく定期的なメンテナンスを実施
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
おすすめの光触媒フランチャイズ加盟店ランキング!
記事一覧